突然ですが、問題です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
同じ大きさの穴の開いた容器に水を満たし、穴から飛び出す水の様子を観察しました。
穴から飛び出す水の様子を正しく表しているのはどれか
ダウンロード
(とあるHPから借用しました)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

中学理科の問題ですが、分かりますか?
答えは、ウ。

穴から飛び出る水は、
その穴の位置にかかっている水圧が大きいほど勢いよく飛び出るのですが、
その水圧を生み出しているのは、水そのものの重さ。

つまり、
上にある穴の位置より、下にある穴の位置の方が、
上に乗っかってる水の量が多い(=重い)ので、
ぎゅーっと押され水圧が高く、
水は勢いよく飛び出します。

こういうのは、極端な例を思い浮かべれば簡単にわかります。

海水浴場でちょっと潜るには、海パン一丁で平気でも、
深海まで潜るには、水圧に押しつぶされないように潜水服を着たり、頑丈な潜水艇に乗りこまなければなりません。


され、本題です。
血圧を測定するとき、
看護師さんが測定してくれたり、病院に備え付けの血圧計で測定するときは、
大体、同じような姿勢をとらされます。

自宅でも血圧を測定している方は、こんな
DSC_1265
 手首に巻いて測定する血圧計を使っている方も多いと思いますが、
これも説明書に、
「心臓の高さに測定器を合わせてください」
と書いていると思います。

これって、実はとても大事な事なんです。


最初の問題に戻りましょう。
この理屈で行けば、
身体の高い位置で測定すれば血圧は低く、
身体の低い位置で測定すれば血圧は高く、
という事になります。

で、実験です。
こういうときも、少し極端にした方が、はっきりとした結果が分かります。

①大体、心臓の高さで測定:120/70
②手を挙げて、頭より上の高さで測定:73/43
③手を下げて、膝ほどの高さで測定:151/109

どうですか?
見事に、高い位置で測定すると血圧は低く、低い位置で測定すると血圧は高くなります。

なので、
毎回きちんと、同じ位置で測定することが大事になるのです。


手首式血圧計で測定するときのコツ
DSC_1264
こんな風に、測定する手を反対側の肩にあてる。
これで、測定器が大体心臓の高さに来ますし、毎回同じ姿勢を取るのが楽になります。

是非、試してみてくださいね。